義歯・入れ歯


何本かの歯が連なって失われてしまったケース
この場合、部分的な入れ歯(パーシャルデンチャー)で補います。これは取り外し式の入れ歯です。床という土台の上に人工歯が並んでいて、床についているバネで支えとなる歯に取り付ける仕組みになっています。どんな形が最も適切かは患者さまのお口と歯の状態などで決まります。
歯が一本もなくなった場合
この場合、総入れ歯(フルデンチャー)があります。床の上に人工歯を並べた仕組みのものが患者さまのからだの一部となります。


バネが見えないということで審美性も高いということがフレキサイト義歯の特徴です。生体親和性に優れていて、比重が軽いため装着感が非常によく、義歯の床と歯肉の粘膜が、だ液によってくっつき合っているので、お口から外れにくく収まります。

ロゴを挿入



自然できれいな入れ歯 ビューティーデンチャー
・審美性に優れている
・金属アレルギーの方に最適
・薄い、軽い、装着感がよい
・破折しにくい
・強い弾力がある
・残存歯に負担が少ない
・修理が可能です
・すべて日本製で安心

ロゴを挿入


診療時間