マタニティ歯科


妊婦さんの虫歯・歯周病治療は、実はお腹の中の赤ちゃんを守る上でとても大切です。

歯周病は、妊娠中にかかると、低体重児や早産のリスクが高まると言われています。
これは歯周病の炎症により「サイトカイン」が分泌されて血中に入り込み、子宮の収縮や陣痛を促してしまうためです。

虫歯はどうでしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌を持っていない状態です。
つまり小さな子供の虫歯は、お母さんやご家族からの虫歯菌感染が原因になっています。

妊娠をするとホルモンバランスの影響を受けて体だけでなくお口の中の状況も変化していきます。

・唾液が酸性に傾きやすくなる
・食べつわりで間食の回数が増える
・つわりで歯磨きが億劫になってしまう
・女性ホルモンの増加で歯周病になりやすくなる

上記のような理由から妊娠中は歯のトラブルが起きやすくなりますので、必ず歯科検診が必要となってきます。

歯科検診の時期について
妊娠中は虫歯・歯周病リスクが高まりますので、安定期と後期にそれぞれ歯科検診を受診されることをお勧めいたします。
安定期(16~27週)での歯科検診で万が一歯周病・虫歯の可能性があったとしても、早期発見により一般的な治療は安定期にしっかりと行えます。
後期(28~36週)での歯科検診では、出産前の最終チェック、そして出産後の体力低下や生活リズムの変化に備えての予防処置、必要があれば応急処置の治療を行っていきます。
早い段階でご自身の健康と赤ちゃんを守っていきましょう。

妊娠中の歯科治療での注意
歯科に行きたくても、エックス線、抗生剤、局所麻酔や詰め物など、お腹の中の赤ちゃんが心配でためらわれる方もいらっしゃるかも知れません。
または、体や心の状態が安定せずに治療をしたくてもなかなかできないということもあるかもしれません。
そうした気持ちやお悩みに寄り添い、治療の必要があればしっかりと説明を行い、最善の治療が叶うようフォローさせていただきます。

X線について
照射位置をお腹から離し、防護カバーをして頂くほか、当院で使用するエックス線はデジタルエックス線写真撮影装置ですのでエックス線量は少なく胎児への影響は心配ありません。

妊娠するとエストロゲン(女性ホルモン)の増加などにより、歯周病になりやすくなります。
歯周病は陣痛を起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、早産の可能性を増加させます。
乳歯の形成は胎生期7週目から始まるので、乳幼児の健康な口腔を確保するためには、生活習慣を含む母親の口腔管理が必要になります。


診療時間